CM効果に関する調査

記事のクリッピング。

印象に残っていない、ということをCM効果としてどう考えるかはそう簡単な問題じゃないのかも。

いまの消費者の購買行動を考えてみたときに、中期的に印象に残るCMでもって購買へ誘引する、という考え方よりも、消費行動が起こるその場だけで効果を発揮する様な短期的なものの方が効率がいいということも考えられるかも知れない。

インターネットが出てきたことで記憶がどんどん外部化されるようになり、知性のあり方が昔日の「博覧強記」から創造性やコンセプト構築力に移っていくのと同じ様に、人間の消費行動も、記憶に司られるものではなくなりつつある。

そう考えると、記憶に残るCMがいいCMだ、という昔の評価の考え方自体が、もう時代遅れなのかも知れない。

================================

Yahoo!より抜粋

2008年4月から09年3月までの1年間に流されたテレビCM1万7765作品のうち、約6割が視聴者の印象にほとんど残っていないことが、民間調査会社「CM総合研究所」(東京・港区)の調査でわかった。

 調査は、関東地方に住む6〜89歳の男女計3000人に毎月、筆記式アンケートを実施。印象や好感を持ったCMを最大五つまで記入してもらった。

 その結果、CMを出した2019社中、777社のCM1万147作品は全く記載されなかった。その中には、一つの商品のCMに最大3億円以上を費やした企業が3社あったほか、年間に最大で905回流していた企業もあった。

 一方、最も優れたCM評価を得た企業は「白戸家シリーズ」のソフトバンク、「BOSS」などのサントリー、任天堂の順だった。

 同研究所の関根建男代表は「名のあるタレントやクリエイターを使えば意識に残るというわけではない。CMと販売には関連性があり、印象に残らないCMは企業に貢献せず、日本経済のロスですらある」としている。