Wednesday, June 3, 2009

Esquire休刊に思うこと


Esquireが休刊になってしまいました。

昔、代理店の営業局に居た身からすれば、部数的にも広告営業的にもなかなか難しいだろうなとは思っていたのですが、嫌な予感は的中する物ですね。

今の雑誌業界の抱えている問題は構造的にはテレビの優良番組が「視聴率が取れない」という理由で打ち切りになるのと同じです。 要するに視聴率、雑誌で言えば部数になりますが、を同じ単価でしか広告主に売れていないという点が問題なわけです。


視聴率や部数といった数字の先にあるものについて、代理店をはじめとしてテレビ局や出版社が、長いこと説明責任を放棄してしまっていたことも、今回の事態を招いたことの遠因の一つなのではないかと感じています。

かつてのWhole Earth Catalogueの様な、多数派ではないけれど社会の先端を切り取ってくれる様な媒体がなくなって大衆迎合的な雑誌のみになってしまったら社会はとても味気ない物になってしまうことは間違いありません。
一方で、文化とか芸術性の剣を振りかざしても、マスメディアが広告主という事業体に広告費を依存している以上、これはせんないことです。

問題は、視聴率や部数という数字以外に、広告単価を設定する話法を持っていないということなのではないでしょうか?
マスコミ業界が、「アテンションの量」以外の値付けのロジックを生み出さない限り、少数が淘汰されるという非常に不健全な流れは押しとどめられないと思います。

No comments:

Post a Comment