自己防衛機能

最近、プロジェクトがかけもちになっていて大変忙しいのですが、興味あるテーマで非常に楽しみながらやっています。

一つは、某大企業での「10年後の日本はどうなるのか?」の研究プロジェクトで、もう一つが経済産業省さんから受託した「日本の文化産業の競争力向上」の戦略作りのお手伝いです(こちらは名前を出していいことになっております由)。

で、いろいろと考えています。

その考えたことをこれから少しずつここに書こうと思いますが、まず最初。

「若者が消費しなくなった」と言われますが、これって人類の防衛機能が働いているということなのではないでしょうか。中国が経済成長することで環境負荷が爆発的に増大することが懸念されていますが、一方の既に経済成長を遂げた日本の若者がどんどん淡白になっていって、欲しがらない、働かない、となっている。

これは日本の成長ということからすれば困ったことなのですが、環境的には非常にいいことになるわけです。

つまり、彼らはニュータイプなのではないか、ということです。地球の環境負荷を減らすために、今までのパラダイムとは違う思考様式で生まれるようプログラムされている新しい人類なのではないか、と思ったわけです。

また書きますね。