Monday, July 26, 2010

プリンシプルとは

白洲次郎は「日本人にはプリンシプルがない」と言った。

で、プリンシプルとはなんだ、ということになるわけだが、なるほどこれはプリンシプルだな、と思った話を一つ先日読んだ。

キューバ革命の志士、カストロの盟友であったエルネスト・「チェ」・ゲバラは、CIAに拿捕され、最後に銃殺されているが、後にこの下手人は目の疾患にかかり、手術費が安い共産国であるキューバに来て、無事手術を終えて米国に帰国している。

誰もが手術を受ける権利がある、というのが、この場合キューバの掲げたプリンシプルであって、それは例え建国の英雄を銃殺した当の本人であろうとも代わりが無い、ということだ。

次郎は、軽井沢ゴルフクラブの理事長として君臨して、時の総理大臣である田中角栄が訪れてゴルフをプレーしようとした際にも、「会員でないから」という理由で追い返している。日本という国で、ここまでルールを杓子定規に当てはめて生きていくには相当な窮屈な思いをしただろう。

ここでいうプリンシプルとは、殆どルールみたいなものだ。ただ、ルールが他人との間で共有されているものであることが前提なのに対して、プリンシプルはまあ自分だけが決めればそれはそれでいいという側面が、ある。

そういう側面から言えば、日本には「ルールがあってないようで、やはりあるのかと思うとどうもないらしい」という側面があって、それを端的に表しているのが、消費者金融に課せられた過払い金の問題だ。グレーゾーン金利は、グレーゾーンといわれながらも法的には認められた金利だった。にも関わらずある日突然違法とされ、これまで課してきた金利を逆に支払えという。この件に怒ってGEファイナンスは日本の消費者金融市場から撤退してしまったわけだが、そのときのアナウンスが非常に分かりやすくて、確か「ルールのない国では金融事業はできない」というものだった。

このグレーゾーン金利の問題も、まあ金融行政側のプリンシプルの問題だろう。

じゃあお前は自らのプリンシプルを決めているのか?と言われると、実は決めていたりする。いくつか挙げると

:お年寄りには親切にする
:保身のために人(特に部下)を裏切らない
:人の善性を信じる
:他人には必ず自分より優れている点があるので、それを見つける努力をする
:「金」より「面白いかどうか」を仕事を選ぶ判断基準にする
:子どもには、常に「人生は面白くて楽しく、生きるに値するよ」といい続ける

といったところだろうか・・・・あまり思いつかない。

こういうルールが、ある程度染み付いてくると、そうそうひどいことに人生はならないのではないか、という気がする。

No comments:

Post a Comment