Tuesday, November 30, 2010

「理想の会社」はあるか?


理想の会社というのは、まあ存在しないんだな、ということを最近になってやっと皮膚感覚でわかるようになってきました。

心理学では「イニシエーション」という概念を大事にします。これは、ウィリアム・ブリッジスが指摘している「終わらせられない病」の話でもあり、まさに彼が著書「トランジット」の中で指摘している「チェンジとトランジットは違う」ということもそれなんですが、自分にとっては「理想の会社はない」とやっと思えたというのは、イニシエーションなんですね。つまり「あるかも知れない」という気持ちと決別する・・・「終わらせる」ということです。

で、これは結局は人生も恋人も家族も同じではないか、と。

理想の人生を思い浮かべて、自分の人生とのギャップにため息つく人はたくさん居ると思います。華々しい人生を送る人が居る一方で、自分は・・・・という考え方ですね。でも、そういう人生でも愛してあげて欲しい、というのが、僕自身は聖書、というかイエスが言おうとしているコアなメッセージの一つなんだと思うんですよね。あんまり大そうなことは言っていないんです。

例えばフランスにフローベルという作家が居て、この人の短編の中にこんな話があります。

ある日、雪のふる寒い日に聖人が歩いていると路端にライ病の乞食がハダカで居る。寒かろうと思って聖者は自分の外套をやると乞食はまだ寒いという。そこで上着をやる。まだ寒いという。そこでついには下着までやってしまうのですが、それでもまだ寒いからお前が抱いて暖めてくれ、という。そこでハダカの聖者が抱いて暖めてうちに、この乞食がイエスに変わった

とそういう話なんですね。遠藤周作先生は高校時代にこの短編を読んで「ばかばかしい、フローベルはアホだ」と思ったそうですが、確かに不条理ですよね。一体この話は何を伝えようとしているんでしょうか

解釈は人それぞれなんですが、この乞食というのは、僕の、または貴方の、いやこれまで地球上で生を営んで消えて行った何十億、何百億もの人々の人生なのではないか。汚れていてみすぼらしい。でも、そういうものを一生懸命に慈しんで欲しい。イエスというのはつまり「愛」ですから、そうすることによってそれはいつか「愛」に変わる。それを慈しんでくれれば、それはいずれかけがえのないものに変わるからということを伝えようとしている、というのが遠藤周作先生の解釈です。

で、これはフローベルが人生をメタファーで語ったものですが、僕らにとってはそれは会社であれ、見た目であれ、家族であれ、住んでいる場所だれ、生まれた家系であれ、みんなそうなんですよね。自分でも満足のいく完璧なものなんていうのは殆どなくて、よくてまあどっか欠けている、普通は直視したくない、まあ人に見せたくない、という感じですよね。

でも、そういったものを自分のものとして取り込んで、慈しんであげる、その慈しんで行く過程自体が人生の意味なんだよ、と最近いろいろなものから言われたり、示唆されたりしている気がします。アウシュビッツに収容されながらも運良く生き延びてその後心理学者になったV.E.フランクルも

「人生の目的何てない。生きることそれ自体が目的なんだ」
「殆どの人は、人生に何かを求めてしまう。でも本当は、貴方自身が人生から何かを求められているんですよ」

と言っていますね。これも最近引っかかっている言葉。

気になる向きには是非「夜と霧」を。

No comments:

Post a Comment