生産的な一日



先週から引きずっている風邪がイマイチなので本日は自宅に終日おりました。

ピアノとチェロの練習にそれぞれ1時間ずつ。ピアノは相変わらずバッハの平均律、チェロはベートーベンとシューマンです。チェロは大変間口が広い楽器だと思うのですが、表情をつけるのが非常に難しくて奥行きが深いですね。個人的にはピアノの方が簡単な楽器だと思います。

今日は気分が良かったので前面の蓋を外して演奏しました(上の写真)。楽器のグレードが2段階くらい上がったか、と思う程音量も音質も改善しますので、自宅にアップライトがあって外して弾いたことない、という人がいたらオススメです。

写真のピアノは1950年代の大橋ピアノです。2年程探してやっとこさ手に入れました。大橋ピアノは大きく、お父さんが中心になって作っていた初期と息子さんに代替わりして作られた後期に分けられますが、これは初期のものになります。ペダルの数が二本なら初期、ソステヌートがついた三本ペダルなら後期のものと判別出来ます。最近の新しいピアノと違って、楽器全体がしなる様な鳴り方で、1960年代のレコードの様な音がします。

ロックで言えば、例えばキャロル・キングのTapestryに収録されている「Far away」のイントロのピアノの様な、あるいはクラシックで言えばグールドが録音した「インベンションのシンフォニア」の様な音と言えば想像つきやすいでしょうか?

僕はこのピアノを大変気に入ってて、欲を言えば50〜60年代のベーゼンドルファーなどが欲しいのですが、ピアノをリビングに置くのが嫌い(自分の部屋で他人の目を気にせずに没入して弾きたい)な小生は、恐らくこのピアノをオーバーホールしながらずっと弾いて行くと思います。

ちなみに実家にあったグランドもそうなのですが、最近のピアノはやたらにボディの剛性が高くて弦だけで音を出す様な感じがして、それがまた好きだという人も居るのですが、僕はどうもダメなんですよね。古いピアノが好き、というのは結果的には安いピアノになることが多いのでまあラッキーなことなんですが。

その他には、最近また語学をちゃんとやろうと思って2時間程原書をいろいろ読んだりしました。今読んでいるのはフィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」ですが、村上春樹訳で読んでみて大変面白かったので、原書にチャレンジしてみました。ものすごくファミリアな単語に実はまったく違う意味があることがわかったりして面白いです。全然進まないですけどね

ペンギンクラシックスは本の装丁が大変奇麗で、それだけでも楽しい。