ディ・マーケティングの薦め

殆どの商品はいずれゴミになります。

紙コップの様にすぐにゴミになるものもあるし、家の様に30年くらいたってからゴミになるものもあって、そのタイムフレームはモノによって大きく変わるのだけれども、それは時間の問題であっていずれにせよ「殆ど」の商品は最終的にゴミになります。

殆どの、と但し書きをつけたのは、そうならない商品もごくたまにあるからです。例えばスタインウェイのグランド・ピアノやカルティエのライター、ライカのカメラなどといったものが捨てられてゴミになるとは、ちょっと考えにくい。恐らく世代を超えてそれを愛でる人の手の中にあり続けるのだろうと思われます。とは言え、やっぱりこういう商品はごく少数しかなくて、殆どのモノがやがて捨てられてゴミになります。

ということは、企業が一生懸命に作って売っているのは、いずれゴミになるものだということで、それを「準ゴミ」とか「ほぼゴミ」とか「まあゴミ」とか、言い方はいろいろあるのだけど、問題になるのは「どれくらいの期間でゴミになるか」という観点ではないかと思うわけです。

すぐに飽きられたり品質が劣化してゴミになるような商品を売っている会社というのは、「「ほぼゴミ」を売っている」とも言えるわけで、そういう「ゴミになるまでの時間軸」を考えた際に、どのような会社が「ほぼゴミ」を売っていて、どのような会社が「ほぼ製品」を売っているのか、というのは商品を選ぶ際の大きな基準に、本当はなるべきなんではないだろうか、と思うわけですね。出来れば、なるだけ長い間ゴミにならない商品を、本当は選びたいところです。誰だって恐らくそう思うでしょう。ところがこれがなかなかできない。

で、これが一番言いたいことなんですが、マーケティングというのは本質的には「「ほぼゴミ」をどう売るか?」という論点のもとに構築された学問、というかスキルの体系で、これはよくよく考えてみると今時こんなスキルというのは物凄く反社会的だし、少なくとも非常にカッコ悪い考え方だ、と僕は思うわけです。

よく考えてみると、職人が心をこめて丁寧に作って出来あがった製品が、世代を超えて人の手を渡っていく、というようなことが、マーケティングの発達とともに失われて行ってしまっている様な気がします。だって日夜ゴミになるような商品を作って売ることに一生懸命になっていれば、世の中を真の意味で豊かにするような製品というのは生まれるわけがないんですよね。

ジャスパー・モリソンは、大資本のスーパーやメーカーではなく、なるべく個人商店から、個人が作った様なプロダクトを買うことを自分に課していることを公言していますが、世界がゴミに覆い尽くされて、次世代に継承できるような真の意味で豊かなプロダクトが生まれないといった状況を覆すためには、20世紀後半を支配していたマーケティングのパラダイムを置き換えるような新しい考え方、ここではディ・マーケティングといっていますが、という考え方が必要になるのではないでしょうか。