Wednesday, May 16, 2012

KYのすすめ

いま、ある消費財企業のお客様と、イノベーションの推進というテーマでプロジェクトを行っているのですが、ひしひしと感じているのが、
「止める勇気」
についてです。
社会学を学ばれた方は、聞いたことがあるかもしれませんが、グループダイナミクスという概念があります。
全体の議論がある方向に流れ始めると、そこにイナーシャが生まれて少数の反対意見が呑み込まれてしまう、あるいは反対意見を云える雰囲気すらなくなってしまい、全体が持っている思考の多様性が、組織運営に活かされなくなってしまう、という考え方です。
で、僕は常々、日本人はグループダイナミクスに対して脆弱だと思っていて、これが日本企業の成長を阻害する大きな要因になっていると考えています。
空気が読めない、というのは一時期ダメサラリーマンの特徴みたいに言われたことがありますが、空気を読む、というのはまさにグループダイナミクスを理解するということなので、空気を読むのが得意な人ばっかりになったら、とてもじゃないけどイノベーションなんて起こせません。
空気を読む、ということの弊害を一番強く感じるのが「開発中止」の局面です。誰がどう見てもうまくいかないだろうという商品が、なぜか開発されてしまう。関わった人に後になって聞いてみると「いやあ、うまくいかないだろうと思ってました」と、異口同音に言う。ではなぜ、開発のストップを上申しなかったのか、ということになるのですが、ここで出てくるのが「空気」なんですよね。皆さん、グループダイナミクスに支配されてしまって、本当に言いたいことが言えなくなってしまう。
これはかつての日本軍で起こったのと同じことです。
是非、皆さんも、空気など読まず、ひどいと思った企画には「なにこれ、ヒドイね。誰が買うの?あり得ないでしょ」と、堂々と主張しましょう。その行動について、僕は責任取れませんが、皆さんがそのように行動することで、確実に日本は少しだけ、強くなりますから。

No comments:

Post a Comment