チェロ購入記 その後




このブログで「チェロ購入記」を報告したのが2010年の秋ですから、ほぼ2年後の「その後」についての報告です。

で、結論から言うと、やっぱり買って良かった、と思っています。

前回も書きましたけど、先生からの「是非、ドイツ製を」との指導を守り、色々な店で試し弾きさせてもらいましたが、作りの丁寧さ、音、表面の色合いや木目の好みなど、総合的に勘案して下倉楽器がドイツの工房に依頼して作っているオリジナルブランドのチェロを購入しました。

価格は50万円程度だったかな?ちょっと自分には高いかな、とも思ったのですが、「道具はいいものを選ばないと、どうせすぐいいものが欲しくなる」という個人的に何度もしている失敗から得られた教訓を踏まえて奮発しましたが、正しい判断だったと思っています。まだローンが残ってますけどね。トホホ。

本当にゆっくりとしたペースでしか練習が出来ていないのですが、継続は力なり、でなんだかんだ言って今はバッハの無伴奏チェロ組曲まで来ています。最初の一年くらいで苦労したのは何と言っても「右手の形」です。チェロの演奏では、弓を持つ右手をパンタグラフの様に使って、腕の動きは最小限にしながら弦の間を移動して行くのですが、これが難しい。今は出来る様になってしまったので、逆に何が難しかったのか、よく思い出せないのですが、これが安定するまでに一年半くらいかかったと思います。後は筋力かな。これはピアノも同じことですが、筋肉が出来上がらないと曲の途中で疲れちゃうんですよね。こればっかりは練習時間がとれないので何とも仕様がないのですが。

バッハの同曲は、小生がチェロをやってみたいと思ったきっかけの曲でもあるので、ついに来たか、と感慨もひとしおです。写真の楽譜は今練習している同曲の一番です。

この曲に取り組むことになったのは曲折がありまして、実は先生からは、次はベートーヴェンのチェロソナタを、と言われてしばらくそっちに取り組んだのですが、僕はまったく曲の魅力が理解できず、本当に練習が辛くなってしまって、ある日「先生、ぶっちゃけ、この曲嫌いなんですけど。バッハの無伴奏じゃダメですか?」とゴネて、曲を変更してもらいました。

チェロに関して言えば、バッハの同曲が旧約聖書、ベートーヴェンのチェロソナタは新約聖書と言われているくらいに、両曲でもってチェロ殿堂の伽藍は支えられているということになっているのですが、僕にしてみればその評価はいささか不当で、バッハの同曲に並び立つ弦楽器楽曲というのは、同じバッハのバイオリンソナタとパルティータくらいで、あとはちょっと他に並ぶものがないと思うんですよね。僕の耳が悪いだけかも知れませんが。

ということで、なんだかんだで続いているチェロの趣味に関してのご報告でした。