Sunday, May 11, 2014

「未来予測」の大勘違い

まず、下の絵を見てほしい。






ほとんどの人が「ああ、iPadね。でなに?」と思うだろう。
では次の絵を見てもらおう。






どうだろう?
多くの人は「あれ、なんかちょっと違うなあ、なんだこれ」と思ったのではないだろうか。

種明かしをすれば、この二つの絵は、コンピューターサイエンティストのアラン・ケイが著した論文「「A Personal Computer for Children of All Ages」のなかで、ダイナブックというコンセプトを説明する為に用いたものである。

1972年のことだ。

この種明かしをされれば「すごい・・・40年も前に今の世界を予測していたんだね!」と感嘆するかも知れないが、その理解は事実と完全に異なっている。これはアラン・ケイ自身も言っていることなのだが、彼は、未来を予測してこれを描いたわけではない。

彼がやったのは「こういうものがあったらいいな」と考えて、そのコンセプトを絵におこし、それが実際に生み出される様に粘り強く運動したということだ。

ここに「予測」と「実現」の逆転が見られる。

ケイがやったのは「未来がどうなるかを考える=フォアキャスト」ではなく、「未来がどうあって欲しいかを決めて、そこから何をするかを考える=バックキャスト」だといえる。

コンサルティングファームに居ると、よくクライアントから「未来予測」に関する相談を受ける。「未来がどうなりそうでしょうか?その未来に対して、我々はどのように準備するべきでしょうか?」というご相談で、もちろんフィーをいただいてレポートを作成することになるわけだが、個人的には実にナンセンスな依頼で、アウトプットは無意味な作文だと思っている。

いまある世界は偶然このように出来上がっているわけではない。どこかで誰かが行った意思決定や行動の集積によって今の世界の風景は描かれている。

それと同じ様に、未来の世界の景色は、いまこの瞬間から未来までのあいだに行われる人々の営みによって決定されることになる。であれば、我々が本当に考えなければいけないのは「未来はどうなるの?」ではなく「未来をどうするか?」であるべきだろう。

アンドロイドの研究で名高い大阪大学の石黒先生は、アラン・ケイと面会した際「ロボットの未来に可能性はあるのでしょうか?」と質問したところ、アラン・ケイから叱責されたそうだ。「お前はロボットを研究する立場にある人間だろう。そういう立場にある人間が、そんなことを他人に聞いてどうする。お前自身は、ロボットというものを人類にとってどういうものにしたいと思っているんだ?」と聞き返され、「アタマをガツーンとやられた感じがした」と述懐している。

再度繰り返して言おう。

いまここにある我々が、どのように未来があって欲しいかを考え、それに基づいて行動することで未来の景色は決まる。予測なんてアホらしいことはイイカゲン止めたらどうだろうか。

最後に、アラン・ケイのメッセージを。

"The best way to predict the future is to invent it."
「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ



No comments:

Post a Comment