予想なんてやめとけって?

ジョン・フォン・ノイマンの名前は、もちろん知っているよね。コンピューターのパパだ。ちなみにこれが「パーソナルコンピューターのパパ」ということになると、おそらく一般的にはアラン・ケイ、あるいはスティーブ・ウォズニアックということになるのかな。あんなのはオレの子じゃないって!?おいおい、なんてこと言うんだと言いたいけど、いまの状況を見てれば気持ちはわかるよって、まあいいか。両者を知らないという人はおそらくこのブログの読者にはいないだろうと思うので判断は皆さんに任せてそのまま話を続けよう。

正式(とはいえカタカナだけど)にはジョン・フォン・ノイマンという名前の男には一つの夢があった。1954年当時、世界で最大最新のコンピューターを披露する席において、ノイマンは「コンピューターによって、近い将来に明日どころか一ヶ月先の天気さえも正確に予測できるようになるだろう」と語ったんだね。これが彼の夢だったらしい。ずいぶんくだらないことを夢見たものだなあと思うけど、まあ人それぞれだ。とまれ、世界で一番アタマがいいと言われる男のこの発言に世界は色めき立った。うおお、これからは、夏休みをいつ取ればいいかもコンピューターが教えてくれるらしい、と。

さて、それから半世紀以上がたち、コンピューターはムーアの法則に従って、おそらくノイマン自身も予測できなかったほどの天文学的な計算能力を持つに至った。ところがどうしたことか。コンピューターによる天気予報の能力は、ど根性ガエルのそれとどっこいどっこいの水準にいまだに留まっている。

一体何が問題なのか?数学的に言えば、答えはカオスということになる。そしてさらに、歴史の皮肉はこのカオスを指摘したのが数学者ではなく、気象学者だったということかもしれない。その人、エドワード・ローレンツはとても美しい方程式を導いて、僕らに「天気を当てるなんていうのは不可能なんだよね、やめとき」ということを証明してみせた。

http://en.wikipedia.org/wiki/Butterfly_effect

イノベーションは素人が起こす、というのは僕がつねづね言っていることだけど、これもその証左かも知れない。

天気と同じくらいにビジネスも関数が多いと思うんですけどね。天気予報とどれくらい精度が違うか、一度誰か試してみたらいいと思うんだけど。