「のもの」議論の不毛

ついに「釣りバカ日誌」が最終を迎えるらしい。

この映画、オリジナルを中学時代の同窓生の父君が監督しており、実は第三話かなんかに、僕の母なんかもエキストラで出演させていただいています。

まあ、そんな話はどうでもよくて、ちょっと気になったことがあります。

映画の中で社長を演じている「スーさん」は、創業オーナー社長という設定で、これがついに引退することになるのですが、引退演説で「会社は創業者のものではない。ましてや株主のものでもない。社員のものだ」という趣旨のことを述べ、社員が感動する、というシーンがある(らしい)のです。

脚本家やディレクターにしてみれば、昨今のグローバリズムの風潮に対するアンチテーゼとして、こういう台詞を打ち出したのかも知れませんが、そもそも会社を「○○のもの」と言い切ろうとすることそのものに疑問を感じます。

そもそも「○○のもの」といったときの「のもの」とはどういう意味なんでしょうか?

所有している、ということなのか?では「所有」とは何か?「所有権」を保持しているということなのか?であれば法的に会社は株主のもの、ということになっていて議論の余地はない。では、「所有」と「のもの」とは異なるということなのか?所有はしていないけど「のもの」とは、ではどういう意味なのか・・・・?

会社はだれのものなのか?という議論の際には、この「論点」に含まれている「のもの」とは、一体どういう意味で使っているのか?ということを明確化させることが必要だと思います。

その上で、更にもうひと言。

なぜ、みんな「会社は誰のものか」ということに答えを出したがるのでしょうか?

会社は社員のもの、という定義、というかテーゼは、会社は株主のものというテーゼと同じ様にデジタルなものです。「のもの」という言葉のあいまいさを残したままでも、「のもの」という言葉は、形式論理学的に言えばテーゼを両立させない、ということはなんとなくわかります。

つまり何がいいたいかと言うと、会社は社員のもの、と言いたがるのは、会社は株主のもの、と言うのと、基本的には同じ極端な単純化主義であって、もっと言えば思考の放棄だろうと思います。

会社は誰のものなのか?なんて考えたことがなかった人たちのところへ、鐘を鳴らしながら「会社は株主のも!」と叫ぶ人たちが乱入してきて、しかもそういう人たちは、往々にしてそうとう美味しい生活をしていたりする。この人たちに対する心理的な反抗がマグマのようにたまって、それが「会社は社員のもの!」という同レベルの単純化とアンチテーゼが醸成された、ということなのでしょう。

藤原正彦さんの「国家の品格」は、お好きな方もいらっしゃるようですが、僕は読了できませんでした。あまりにロジックがむちゃくちゃでページごとの論理構造が破綻していて、正直、何を言っているのかわからない、というのが一つ目の理由。二つ目の理由が、文章の下に流れる「美味しい生活を送っている人に対する劣等感」、ニーチェが言うところのまさにルサンチマンを、ものすごく感じたということです。それが、同様に「会社が株主のものという言い分は理解に絶する」という彼のコメントにつながっているのだな、と思います。ま、それはいいとして。

なぜこんな単純化が行われるのか?現代人の思考様式は、基本的にはデカルト以来の合理主義に則っていますが、たとえば禅では形式論理学的な思考が採用されていません。禅の公案では、しばしば「○でもあり×でもある」と考えざるを得ない話が出てきます。例えば狗子仏性なんてそうですね。別に「○○のもの」なんて決める必要がないんじゃないでしょうか。

個人的な答えを書かせてもらえば、

会社は社会や株主や従業員や取引先や顧客、みんなのものであって、一概に社員のもの、とか株主のもの、なんて言うのは難しい。だいたい、あんたが言っている「のもの」ってどういう意味なの?

ということでいいんじゃないかと思います。
「会社は誰のものか」の議論は、二十世紀における禅の公案になるかも知れません。だって、形式論理学では成立しない下記の命題が成立しちゃうんだから。

1:誰かのものであるとき、その誰か以外のものではない
2:会社は従業員のものである
3:会社は顧客や取引先のものである
4:会社は地域住民のものである
5:会社は株主のものである

禅の公案で有名な「狗子仏性」は、下記をご参照のこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%97%E5%AD%90%E4%BB%8F%E6%80%A7

アンドロイドサイエンス

読了。

自分とそっくりのアンドロイドを作り、ジェミノイドと名付けた阪大の石黒浩先生の本。

アンドロイドサイエンスの最前線にいる石黒先生の試行錯誤ぶりを通じてはっきりとわかったのは、人間がいかによく出来ているか、ということ。80年代に人工知能がホットに騒がれた時期がありましたが、この本を読むと人間とコミュニケートできて多様な用途で活躍できるようなアンドロイドはここ10年とか20年とかの時間軸ではとてもじゃないけど実現しないということがよくわかります。

”人間に近いロボットを作れば作る程、いかに人間がよく出来ているかということがわかるようになる。進化すればするほど、人間と遠のいて行く感じがする”

”ゼロックスのパロアルト研究所で「パーソナルコンピューター」という概念を初めて生み出したアラン・ケイにロボットの将来性について訪ねると「おまえはロボットを開発する立場の人間だろ。その人間がそんなことを聞いていてどうする、と言われた。ケイ曰く、今のインターネット社会はケイがパソコンの概念を生み出したときから想像した通りのものだ。なぜならケイは自分が思い描いたコンセプトを実現することに努力してきたから。だからすべてが予想通りだと、こう言うのである。これにはアタマをがつんと殴られた気がした。ロボットの開発をしながらも、ロボットがなかなか普及しない、キラーアプリケーションが見つからない中で、自分はどこか評論家になっていたのかも知れない”

”世界で最初となった小学校のロボット実験は様々な発見をもたらした。最初の発見はロボビーは一週間で完全に飽きられる、ということである。最初の三日間はつねにロボットの周りは子供たちであふれていた。しかし三日を過ぎるとだんだん遊ぶ子の数が減って、一週間もするとごく少数の子供だけがロボビーと遊ぶ様になり、その数は二週間をたっても一定であった”

”面白いのは、一人の子供がロボビーと遊ぶ時間は逆に日を追うごとに増えるということだ。残った子供は辛抱強くロボットと遊んだ結果、ロボットからいろいろな動作を引き出すことが出来る様になるらしい。ロボビーには300近い動作パタンがプログラムされている。しかし。周りにたくさんの子供がいて視聴覚機能が安定的に使えない状況ではロボビーの動作はかぎられてくる”

”もっとも驚きだったのは、アンドロイドの動作によって不気味さがまったく変わることである。たとえば、眠いという感じを表す動作は、非常に自然に再現できた。しかし、たとえばうなずく、という動作はどうしても不気味になってしまう。うなずく、という動作は単に首を縦に振る、というだけなのだが、首を縦に振ると、どうしても体全体が揺れてしまう。首を勢い良く上下させながら体を振動させるその様はまさにゾンビそのものだった。だいたいからして、どこからどう見ても人間なのに、まったく動かずに静止しているということ自体がものすごく不気味である”

”NHKの福島アナをコピーして作られた新型アンドロイド=リプリーQ2は、それほど不気味ではなかった。最初に作った4歳の娘のアンドロイドは、いわゆる「不気味の谷」のどん底に居たが、このアンドロイドは大人にはそれほど違和感がない。これは娘のアンドロイドがもっていた強烈な不気味感とは大きく異なる。事実、あれだけ娘のアンドロイドを嫌がり、「あのアンドロイドがあるのならもう研究室に遊びにいかない」と言っていた子も、リプリーにはそれほどの拒絶感を示さなかった。”



ゼロッックス

オーバーホール


時計をオーバーホールしてもらいました。

写真はオメガのスピードマスターです。大学2年のときに遊びで訪れたニューヨークのメイシーズで衝動買いしたものです。確か当時は円がかなり強く、10万円程度で買えた記憶があります。

もともとは鮫革のバンドがついていたのですが、当時は知識もなく、夏場の汗をかく時期にがんがん使っていたところ、2〜3年でバンドが腐ってぶっちぎれてしまいました。それ以来、合わせるバンドがしっくり来ないことが多く、付ける機会がないままに10年以上ほったらかしになっていたのですが、もともと祖母が買ってくれたものでもあり(ニューヨークから祖母に電話し、おねだりした)、少し後ろめたかったところ、今回思い切ってオーバーホールに出しました。

鮫革バンドがぶっちぎれて以来、ずっとメタルのバンドを付け居たのがしっくり来ず、今回型押しのワニ皮のバンドをつけてもらったところ、非常に落ち着きがよくなりました。個人的にはスピードマスターには黒革のバンドが合いますね。オメガは作りが多少安っぽいところがあるのでメタルのバンドだとおもちゃっぽくなっちゃうんですよね。ほんと、見違えるようにかっちょよくなりました。

購入時期が19歳なので、かれこれ20年選手ですが、これからまた使ってあげたいと思います。

Don't let me think!

という表題の本が、米国で出されたのは多分10年ほど前だったと思います。
これは、ひと言で言えば、多くのウェブサイトは直感的なオペレーションを前提にしていないため、非常に戸惑うことが多いことを非難した本です。

当時僕は電通のAEでしたが、読んで、まあ当たり前だよな、という感想を持ちました。

で、10年経っていまだに当たり前のことが多くの企業にとって出来ないのだな、とやはり思う今日この頃なのです。

例えば、YouTube。「お気に入りに登録」というボタンがあるにもかかわらず、登録した「お気に入り」をどうやれば見られるのか、まったく見当がつかない。そのストレスはすさまじいものがあります。

僕は前著で、グーグルが生み出している価値の本質は時間の節約だ、と指摘しました。マルクスは資本論の中で、労働力が過剰で資本が希少な世界の行く末を描きましたが、現代は資本が過剰である一方、クリエイティブクラスの労働時間が希少な世界になってしまいました(リチャード・フロリダ的に言えば)。

グーグルは、何もコンテンツを生み出しません。ただ、どのコンテンツが誰にとって有用なのかというマッチメークをしているだけです。整理するだけの企業が、時価総額で数兆円をかぞえるに至っている。コンテンツを生み出す企業で、これに匹敵する時価総額を生み出している企業は存在しません。これは非常にシンプルに、コンテンツを生み出す会社より、コンテンツを整理するだけの会社の方が、生産性が高いと、市場が判断している、ということです。

数字で具体的に考えてみると分かりやすいのですが、例えばツタヤの大型店だと映画のDVDは2~3万本の在庫になります。30歳の人が、これから毎日映画を見たとしても、平均寿命である79歳(男性)までかかって、17885本しか見られません。

DVDタイトルの販売履歴、つまり一枚以上日本で去年に売れたCDのタイトル数は優に200万枚を超えるので、要するに一生かかって見られる量の、数百倍のタイトルが既にストックとして存在している、ということです。

従って、今後は大事になるのは、新しい映画をプロモートする機能よりも、過去のストックをいかに効率的にマッチメークするか、ということになります。つまり、極論すればあとは整理してくれる人だけいればいいと思っています。従って「我々のミッションは、世界の情報を整理し尽くすことだ」というグーグルのステートメントは非常にコンフォタブルなのですが、その割にこの使い勝手の悪さはなんなのか?と思わせられます。