虚数の音楽としてのビル・エバンス

まず虚数と言われて定義がわからないという人へ。自分も含めて文系の人には、自浄すると、おっと違った、二乗すると「-1」になるという数値のことだと捉えられているけど、これは少し乱暴な定義で、もう少し正確にいえば「二乗するとゼロ未満の実数になる複素数」ということになる・・・、んじゃないかな? 間違ってたら誰か指摘して下さい。

で、その虚数が音楽とどう関わるのか、と思うわけだけれど、ちょっと待ってね。上に述べたのは代数的な定義だけれど、これを幾何学的に定義すると音楽との関わりが見えてくる。

まず西から東へと向かう一本の直線を思い浮かべて欲しい。これを実数の軸、実軸と名付けよう。そして、あなたがいまいる点をゼロと名付け、東に向かうと1、2、3と数値が増え、西に向かうと−1、−2、−3と数値が減っていくと考えてみる。このような軸上では、-1をかけることは、絶対数値をそのままにして軸を180度回転させるということになる。5という実軸上の位置があったとして、それに「-1」をかけると-5になるわけだけれども、これはゼロの点から東側に5目盛りのところにあった貴君を、180度切り替えて西側に5目盛り、つまり-5のところに移すということになる。

虚数を乗じるというのは、この転換を90度行う演算、ということになる。どうしてかって?だって二回続けるとマイナスになるのだから。マイナスを180度のひっくり返し、と考えれば、虚数をかけるというのは90度のひっくり返し、ということになる。

でね、ながながと説明してきたけど、音楽の表す表情を「明るい、元気」を東側=+の側、「暗い、消沈」を西側=ーの側とすれば、そのどちらでもないという領域にこそ、本当の意味で「よい音楽」の領域があって、その筆頭はやっぱりビル・エバンスのこれであって、これはやっぱり、プラスでもマイナスでもない音楽、つまり虚数の音楽ではないかと思ったわけですよ。別に二回聞いてもマイナスにならないんだけどね。


ということで、これほど「明るいのに悲しい」という曲もないんでないかなあ、と。
とても哀しい曲です。ビル・エバンスの中ではあまり人気のある盤ではないですが、僕は晩年ならではの「締念」が横溢していて、とても好きなのでもし興味があれば。

日本人の「論理性のなさ」を武器にするという逆転の発想

グローバル化の文脈ではよく「日本人の論理性のなさ」が慨嘆されることが多い。

でもね、モノゴトに白黒を付けたがるという、特に欧米に顕著に見られる傾向が、世界中で起こっている様々な紛争や摩擦の原因になっていることを考えれば、モノゴトに白黒をつけずにグレーゾーンに留まりながら共感と義理人情によってコトを処理していく日本人の「論理性のなさ」こそ、今こそ世界中の問題を解決するために求められているのではないか、という考え方もあると思うのですよ。

これは今さらなんですけど、改めて強調すれば、競争戦略では常に「強みを活かして差別化する」ことが求められますよね。で、果たして日本人が論理性を身につけるというのは、強みを活かすことになるんですかねえ、と。

モノゴトにはかならず裏表がありますよね。日本人が決定的に論理的でないとすれば、その特徴を裏返してみたときにどういう強みが浮かび上がってくるのか、その強みがいまの世界の文脈のなかで、どのように「より良い世界」の建設に貢献できるのか、ということを考えてみることが知性の使い方であって、日本人には論理性がない、だから論理性を身につけよう、なんていう幼稚な論理に振り回されてはいけないと思うんですけどね。