Saturday, August 5, 2017

人工知能がすごいのではなく、単に将棋や囲碁が簡単だったという話

人工知能の進化は私たちの想像を絶するスピートで進化しており、近い将来、現在人間が担っている理知的・論理的な知的活動の「かなりの部分」を代替する可能性があります。このような状況において、私たち人間には、労働市場においてどのようにして人工知能と戦っていくのか、という論点が突きつけられています。

この論点を考察する材料の一つとするべく、現在「人工知能に仕事を奪われるのはどんな職業か」という問題について、様々な研究者が考察を発表していますが、こういった予測の大半はどうせ外れることになるのであまり振り回されない方がいいと思います。

「いまの小学生の65%は、現時点で存在しない職業につくだろう」と予言したのはデューク大学教授のキャシー・デビッドソンでしたが、職業そのもののポートフォリオが社会の変化に伴って大きく移り変わっていく中で、個別の職業にフォーカスを当てて「どれが人工知能に代替されるか」などを考えるのはあまり生産性の高い営みとは思えません。

重要なのは、個別の職業の代替性を考えるよりも、「人工知能は本質的に何が得意で、何が不得意なのか?」という点を考えること、言うなれば人工知能との戦いにおける「骨太な戦略ストーリー」を掴むことが重要です。僕は、この戦略を検討するポイントは二つあると思っています。

一つ目のポイントは、近い将来、人間が担うべき仕事は「人工知能を奴隷として使う仕事」と「人工知能に奴隷として使われる仕事」の二つになる、ということです。

そして二つ目のポイントは、その二つの仕事は「創造性」というキーワードによって峻別される、ということです。

この点を考察するにあたって、まずは象徴的な「事件」からおさらいしましょう。

チェス界のスーパースターだったガレリ・カスパロフを、IBMのスーパーコンピューター=ディープブルーが破って大騒ぎになったのは1997年のことでした。当時もっぱら言われていたのは、チェスについては人工知能が人間を凌駕したものの、将棋に関してはあと十年、囲碁に至ってはあと五十年、人間の優位が続くだろうということでした。

ところが実際にどうだったかというと、将棋についてはその5年後に、元名人で永世棋聖の故米長邦雄氏が「ボンクラーズ」という、なんとも間の抜けた名前の将棋プログラムに敗れ、囲碁については20年後の2016年、グーグルが開発した囲碁プログラム「AlphaGo」が、世界トップクラスの棋士である韓国のイ・セドル九段と対局し、541敗という好成績でこれを下してしまいました。

このニュースは人工知能の驚くべき進化スピードを示すものとしてセンセーショナルに各種のメディアで報道されたので、ご存知の方も多いでしょう。チェス・将棋・囲碁という「最高度の知性が求められる競技」において、人工知能が人間を凌駕しつつあることが明らかとなり、多くの知的労働が人工知能に取って代わられるのではないかという悲観的な議論に火を付けました。

しかし、一方で忘れられているのが、これだけ圧倒的な知的パフォーマンスを発揮するに至っている人工知能が、音楽や絵画などの芸術的表現の分野に関しては、率直に言って「センスの悪いアマチュア」の水準に、ここ数十年のあいだ留まり続けている、ということです。

たとえば、囲碁の世界ではトッププロを凌駕する人工知能を開発したグーグルは、並行的に「作曲する人工知能」の研究開発も進めていますが、その作品の水準は今のところ、贔屓目に言って「小学校低学年の作品」といった程度でしかありません。

Google A.I. just created music (CNET Update)



なんというか、がっかりを通り越して唖然とさせられた、というのが本音でしょうか。

古代ギリシアの時代から、もともと音楽と数学は大変相性が良いと考えられていました。よく知られている通り、ピタゴラスの定理を発見したピタゴラス教団は数学と音楽を表裏一体のものとして研究していましたし、例えば現代に目を転じても、ギリシア出身の作曲家であるヤニス・クセナキスをはじめとして、ポアソン分布や群論などの数学的手法を用いた楽曲は数多く作曲されています。

ところが現実には、どうもそう簡単ではない、ということが明らかになりつつあります。

今日では、先述したグーグルをはじめ、様々な研究機関が人工知能に作曲・演奏させた音楽を発表していますが、総じて「大人の鑑賞に耐えられる」水準に達しているものは皆無であり、これらが近い将来においてバッハやドビュッシー、あるいはビートルズやピンクフロイド、あるいはビル・エバンスやマイルス・デイビスの音楽に比肩しうると思わせる兆しは、残念ながら全くありません。

人工知能に音楽を作らせるという試みは1950年代から本格的に取り組まれており、すでに70年近い蓄積があります。90年代の半ばには、バッハやモーツァルトの楽曲データを大量に記憶させ、その傾向を解析することで「バッハ風」「モーツァルト風」の音楽を自動生成するシステムがすでに作られていました。当時、大学の学部生だった私は、富士通の研究所でそのプログラムを見せてもらったことがあるのですが、自分がお遊びでつくったバッハ風の変奏曲と比較しても、確かに「それっぽい感じ」になっていることに感心したことをよく覚えています。

しかしその後、囲碁や将棋といった領域では飛躍的な進化を遂げ、事実上人間の能力を凌駕するまでに至った人工知能の進化は、音楽の作曲や演奏といった領域では停滞してしまいます。どうも、私たちが考えるほど、「人工知能に音楽を作らせる、演奏させる」という営みは、簡単ではないようなんですね。

世界には人工知能の発達について極めて楽観的な人が多く、2045年までに人間の知性を凌駕するようになるだろうと予測するレイ・カーツワイルのような人もいるのですが、作曲や演奏といった領域で人工知能がこれほどの長期間にわたって停滞しているという事実についてどのように考えているのか、聞いてみたいものです。

さて、話をもとに戻しましょう。チェスや囲碁の領域では最高度に訓練された人間をすら凌駕する知的能力を獲得しつつあるにも関わらず、作曲や描画といった領域においては「下手なアマチュア」のレベルに低迷し続けているという事実から洞察される結論は一つしかありません。

それはすなわち

チェスや囲碁の手を考えるという知的営為は、作曲や演奏といった芸術行為と比較して、実ははるかに簡単だった

ということです。もちろん、この「簡単」というのはコンピューターにとって、ということです。

労働市場における人工知能との仕事の奪い合いについて、骨太な戦略ストーリーを構想することが重要だという本書冒頭の指摘に戻って考察すれば、当然ながら「人工知能にとって簡単だけれども、人間にとってはとても難しい」という職業は、最も人間にとって競争力を発揮しにくい労働市場だということになり、そのような市場は積極的に回避することが必要だということになります。

では、どのような労働市場がそうなのか?現時点ではっきりしているのは、どうもチェスや将棋や囲碁に求められる「何か」が、共通して求められるような職業では、おそらく人間は人工知能に敵わないということであり、音楽の作曲や演奏に求められる「何か」が、同じように求められる職業では、少なくともしばらくのあいだ、人工知能は人間に敵わない、ということです。

--> -->